ロボカップサッカー/RoboCupSoccer

ロボカップサッカーは、人間のサッカーの試合と同じく、自分で考えて動く自律移動型ロボットを使った競技会形式で行われます。 競技会は、研究室を飛び出した研究者と、一般の方々がともに最先端の科学・技術を楽しみながら接することができる教育・エンターテイメントの場でもあります。 RoboCupで一番初めに組織され、現在、自律移動ロボットの5リーグとシミュレーションの1リーグを合わせて、6リーグがあります。

サッカーSIMリーグ 2D/3D

機を使うことなく,コンピュータ上の仮想フィールドで異なった人工知能プログラミングされた11 対11 のプレーヤーがサッカーを行うロボカップ最古参リーグです。 ドリブル等の個人技や、ワンツーパスといったチーム戦略の両面において洗練されたプレーを見ることができます。高さのない2次元フィールドでの競技と、ヒューマノイド型ロボットが技を競う3次元フィールドでの競技があります。

小型ロボットリーグ

直径18cm 高さ15cm のロボット5 台が1 チームとなり、6.5mx4.5m のフィールドで、試合をするリーグです。 フィールド全体を見渡すカメラ、あるいはロボット搭載カメラからの視覚情報をベースに、ロボット同士がいかにシステマチックなチームプレーを構築していくかが見所です。 人間のサッカーを凌ぐ機敏な動きとロボットの状況判断力に驚かされます。
なお、車輪型ロボットをヒト型ロボットに置き換えた SSL Humanoid サブリーグを2009年から始めます。

中型ロボットリーグ

縦横50cm 未満のロボットが5 台でチームを構成し18m×12m 大のフィールドで試合をするリーグです。試合時間は15 分ハーフ。 多くのチームが360 度見渡せるカメラを搭載、自分とボールの位置をすばやく判断して動きます。迫力ある攻防が見所です。

4足ロボットリーグ

四足のエンターテイメントロボットが4 台1チームでサッカーをするリーグ。ロボットの性能が同じであるため、各チームのプログラミングの優劣が勝敗を左右します。フィールドの大きさは4m×6m。ロボットによっては、ゴールを決めたあとのガッツポーズなどパフォーマンスを見せてくれます。

ヒューマノイドリーグ

2002 年の世界大会から正式種目となった自律型2足歩行ロボットによるリーグ。 3 対3の複数ロボットによる試合形式の競技が行われています。

Mixed Reality(マイクロロボット)リーグ

シチズン・大阪大学共同で開発した超小型ロボットを利用するリーグです。 全ての競技の中で最も機体が小さいのが特徴です。