ホーム競技種目>ロボカップサッカー

競技種目

ロボカップサッカー

人間のサッカーと同じように、自分で考えて動く自律移動型ロボットを使った競技形式で行われます。サッカーは誰でも知っているスポーツなので、最新の科学技術を、楽しみながら見ていただくことができます。ロボットとシミュレーションをあわせて、6つのリーグがあります。

シミュレーションリーグ

コンピューター上のスクリーンフィールドで、人工知能プログラムされた11対11のプレーヤーがサッカーをするリーグです。一番古いリーグなので、チームワークに優れた洗練されたプレーを見ることができます。高さの無い2次元フィールド(2D)と、人型ロボットが技を競う3次元フィールド(3D)のリーグに分かれています。2Dは、昨年度の世界大会優勝チームが参加します。

Mixed Reality(マイクロロボットリーグ)

ミニカーほどの大きさの、超小型ロボットを使います。サッカーリーグでは最も小さいロボットを使っており、戦術面でもどんどん強化されています。

小型ロボットリーグ

直径18cm、高さ15cmの、小さいロボット5台で1チームです。フィールド全体を上部から撮影するカメラを使って、ロボットは人間のサッカーを凌ぐ俊敏な動きをします。また、ロボットの状況判断力も、ずば抜けています。車輪型のロボットだけでなく、ヒト型ロボットによる競技もあります。

中型ロボットリーグ

縦横50cm未満のロボット5台でチームを構成して、18m×12mの大きいフィールドを縦横無尽に駆け回る、迫力満点のリーグです。ほとんどのチームが、全方向を見渡せるカメラを載せており、自分とボールの位置をすばやく判断して動きます。

ヒューマノイドリーグ

ヒト型の、自律型2足歩行ロボットを使うリーグ。2本足で、ボールを追いかけたりシュートをするので、ロボットの調整が難しい。1チーム3台ずつのロボットで競技するようになったので、少しづつ人間のサッカー競技に近づいてきました。キッドサイズ、ティーンサイズ、アダルトサイズの、ロボットの大きさの違う3リーグがあります。

標準プラットフォームリーグ

各チームが同じプラットフォーム(ロボット)を使います。ロボットの性能は同じなので、プログラミングの工夫がポイントです。人気のあった犬型ロボット(AIBO)リーグは昨年で終了しましたが、引き続きフランス製のヒューマノイド型ロボット(NAO)が、会場を盛り上げます。